2014年10月2日木曜日

eshtah-ya-eshta

なんと去年のお話です。




















11月、パリでエジプシャンのダンスフェスティバルに参加してきました。
 Eshtah Ya Eshta (エシタ ヤ エシタ)という名前のフェスティバルです。第一回目だそう。
















北西アフリカ、マグレブでは ESHTAHはダンスを意味して、
エジプトではESHTAHは 
クリーム、美しいとか、砂糖を意味するそうです。言葉遊び。






ルーツがアフリカにあるパリ在住のダンサーたちと
エジプトから招かれたダンサーのワークショップ、ショー、ハフラ、カンファレンスがありました。




フェスティバルを主催した、セムセマさんとタリーさんがご挨拶。












芸術的で刺激的なショーでした!会場も素敵。
生演奏ではないけれど、感動しました。





ショーのフィナーレ





カンファレンスで。エジプト出身のキャリームギャドさん。
エジプトにあるダンスの歴史や背景などを説明するコーナー








ワークショップ








WSは主にフランス語で行われたのですが、30%くらいわかったような・・・(つまりよくわからない)パリでは、頑張ってフランス語で話しても、 英語で返されるのが悲しいところ。






パリのあとはエジプトの紅海のリゾート、シャルムエルシェイクへ・・・






























ベリーダンス&シュノーケリングツアーに参加しました。
紅海はダイバーに大人気の海だそうです。


 














船上ではフレンドリーなお化粧濃いめな女性がビュッフェのお手伝い。
彼女はダンサーだったのでした。





























ロシア人がファミリーがおおく、
エジプト人にも、必ずロシア語で話しかけられます。
「日本人を初めて見た」とよく言われました。





夜は、ベリーダンスやフォークロリックショーなどが楽しめます。
司会者は英語&ロシア語で進行。













カイロのディナークルーズ船
ナイルマキシム

楽団が消えていました。お客さんがいなくなったためだと思われます。
ダンサーも踊りにくそう。














来週から参加してきます~!
























 
 
ペルシェンべ新聞 No.4 出来ました~


0 件のコメント:

コメントを投稿